どうでもいい話2

■どうでもいい話1

ある小説を読んでいた。

するとこういう話があった

  • ある殺人事件があって、手がかりはある絵画
  • 刑事は、その絵画が何の絵画かを知りたいのでFBIに問い合わせた
  • FBIによると、今わかったのはそこで使われた染料とかだけ。そしてFBIの仲介者はこういう。「これ以上の情報を知りたかったら、FBIが絵画に喋らせる技術を持たないとできないな。『私グリニッジビレッジの絵描きさんに書かれた絵なの。2年前にね』」
  • それに対し刑事は「そんなこともFBIはできないのか!」と激怒

この小ネタは現実世界でも使えそう

  • ある新規事業を思いつく。たとえば、世界中の手書きのメモをスキャンして検索するようにしよう!、とか
  • それに対して、ツッコミ役は「そんなのGoogleを買収しないとできないよ」と言う
  • それへのさらに返しとして「Googleごときを買収できないのか!」と返す

みたいな。

世の中では、ボケに対するツッコミによってボケが生きることがあるけど、ツッコミへのさらにツッコミでぼけるという演舞もあるよなぁ、とふと思った。

ワンツーのストレートに対するカウンターの、さらに宮田君のクロスカウンターというか(謎

■どうでもいい話2

さっき、ゴミをすてにマンションの入り口を通った。すると、男性と女性が入ってきた。

で、女性が過去の恋人に似ていて、一瞬、ドキっとした。とりあえず「こんばんは」とだけ言った。ゴミを捨てた。

帰りぎわのエレベータでこんなことを考えた

  • 女性が主人公。脇役に過去の恋人と今の恋人。
  • 今の恋人の家に初めていくことになった
  • その家はなんと過去の恋人の家だった

みたいな物語は短編小説として少し面白いのではないかと。

この物語のポイントは3つ

・その頃の思い出を思い返してしまい、しかし、封じ込めないといけないという二律の思いのせめぎ合い
・そのマンションで偶然過去の恋人に会ってしまうのか
・今の恋人にそのことを言うか(近くに美味しいパスタ屋がある。彼女はそれを知ってるけど、「知らないふり」をするのか

冒頭は、「もうこのマンションに来ることはないと決めたのに」という一文から始まる的な

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。