幻のヨーグルト「クレマドール」をたべてみた

crema

幻のヨーグルトと呼ばれる「クレマドール」を知っているだろうか

»CREMA D'OR :: クレマドール

こちらの情報だと「世界一高級なヨーグルト」らしく、1つ5000円。

そんなに高いと逆に「まじか」ということで食べたくなるのが人情。高いのは高いが「1回外食した」と割り切れば、出せない金額ではない。

最高級のはちみつや牛乳をしようしているとのこと。雑誌や知人からの話を聞いて、3回ほど耳にした時点で「これは食わねば」と思い、サイトにアクセスしたのが今年の1月だか2月だか。

しかし、当時は、「予約受け付けはしてない」ということだったのだが、ついに5月頃から予約を再開。ただし、毎日12時から予約受け付けで20〜30件しか受け付けないという人気ぶり。

何日かめについに予約が完了。なお、3分後にアクセスしたらもう「本日の予約は完了しました」状態だったので、数分で売り切れるのかもしれない(ただし、今はもう少し品薄は終わっているのかも)

そして、それからさらに待つこと2週間。ついに先日、届いたので食しました。

いやー、一口目から衝撃ですね。濃い。あまりにも濃くて、重力が歪められているのかと思ったね。舌がヨーグルトに吸い込まれているかと思った。ヨーグルトを通じて、少し異次元と対話をしたよ。牛の渾身の一撃とはこんなに重いものだったかと。マイク・タイソンかと思ったよ。ヴィーガンになるかと思った。まず発する言葉は「これヨーグルト?」という言葉になるのは間違いないでしょう。だって、これはもはやヨーグルトではないもの。全米が涙する何かですね。全米はいつも涙してるので、貴重ではないけど。体調が弱っている時に食べると、瓶に吸い取られるかもしらんね。魂とかなんかいろいろ。病人とかには危険かもしれん。この濃さは魂をもってくで。魔封波や、魔封波。これは、食事業界のハニートラップとでも言えるかもしらんね。これが限定生産でよかった。コンビニに売ってたら、クレマドール中毒が社会を賑わすところだった。クレマドール破産がきっかけで、失われた10年が再来するところだったよ。あー、限定でよかった。よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。