AIの時代になると、中国やGAFAの一人勝ちになるの?

好きな投資家の「Benedict Evans」さんのブログの最新作は「AIは、テック企業を強くするの」というものだった。

»Does AI make strong tech companies stronger? — Benedict Evans

サマリは以下

  • 「機械学習にはデータが必要。じゃあデータが多い国や企業がかつの?GAFAが勝つの?あるいは、人が多くてデータが多い中国が勝つの?」
  • 必ずしもそうではない。なぜなら、「そのデータは、その目的にしか使えない」ものだからだ。たとえば、車のエンジンのデータは、検索結果の改善には使えない。だから、「全部のデータを持っている」ということは基本はありえない
  • 「では特定の産業においてなら、すでに大きなは優位じゃない?その産業に必要なデータをもってるから」
  • そうとも限らない。誰が、どの目的で、どれだけ分析をして、といった各論でしか議論はできない。大企業だからといって、データを有効活用できるとも限らない。むしろベンダーとして入り込めるチャンスもある
  • MLスタートアップへの質問は2つ。「最初のそのデータをどこからどのように手に入れるか」「それを実現するためにはどれだけのデータが必要か」
  • 「AIカンパニー」というものは存在しない。「AIを活用してリーガルアクションを楽にするソリューションを提供する会社」か「AIを使って見込み客の掘り出しを効果的に行うカンパニー」があるだけだ
  • 今後、MLはどこにでも、誰にでも必要になるだろう。DBにおけるSQLと同じように
  • MLはGoogleを強くしたとは必ずしも意味しない。それよりも、スタートアップにとっては以前よりも、気の利いたサイエンスソリューションを構築するのがより容易になった

要は、スタートアップでもチャンスあるよ、という話(投資家だからポジショントークの部分もあると思いますが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。