今すぐ読める!Kindleで購入できるオススメの長編小説まとめ(15作品)


けんすうの「今すぐ読める!Kindleで購入できるオススメのマンガまとめ(17作品) 」という記事にインスピを受けて、長編小説版を書いてみたいと思います

長編小説は、紙で買うと蔵書でかさばるし、旅行にもっていくにも重いですが、Kindleなら安心。いまこそ、読むチャンスであります!

※「全N部」は、目算なので間違いがある可能性があります
※ 読んだものをピックアップしているので、読んでいないのは触れられていませんのでご容赦ください(たとえば平家物語とか)

森博嗣:S&Mシリーズ(全10冊)

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 112

S&Mシリーズですが、SMは一切関係ないのでご容赦ください。大学教授で推理小説かの森さんのデビュー作。

推理小説好きな方は良いのではないでしょうか。今後のVシリーズや四季シリーズとかとも繋がっているという意味では、10冊以上のシリーズがあります

吉川英治:三国志(全7冊)

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)
吉川 英治
講談社
売り上げランキング: 6619

三国志といっても、いまや「横山光輝」版「北方謙三」版もありますが、王道としては、やはり吉川英治。

諸葛孔明、泣けます

北方 謙三:水滸伝(全19冊~)

水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)
北方 謙三
集英社
売り上げランキング: 52946

最高文学の1つ「水滸伝」。涙なしには読めません。最近回りで読んでいる人をちらちら耳にする、何かで流行っているのかな?

これの続編である楊令伝も無事完結。そして最後の「岳飛伝」が執筆中という壮大な物語。

ドストエフスキー:カラマーゾフの兄弟(全3三冊)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 2723

ロシア文学では「罪と罰」と双璧をなすお約束のシリーズ(プラス「アンナカレーニナ」)。兄弟全員の名前がいえれば、あなたも立派な村上春樹ファン

白眉と呼ばれている「大審問官」のパートだけでもいかが。

山崎 豊子:不毛地帯(全5冊)

不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 13197

山崎豊子先生の代表的作品の1つ。最近はドラマ化もされたのかな

シベリアから商社マンへいたる壮大なお話

石田 衣良:池袋ウエストゲートパーク(全11冊以上)

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
石田 衣良
文藝春秋
売り上げランキング: 22179

通常IWGPだっけ。テレビ化もされた石田衣良さんの代表的作品

恋愛あり、謎あり、泣きありの素晴らしい小説群

京極 夏彦:百鬼夜行シリーズ(全14冊~)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
京極 夏彦
講談社
売り上げランキング: 3866

推理小説。妖怪関係のタイトルがついているけれど、別に妖怪小説ではない

トリッキーな登場人物たちのめくるめくパラダイス

大沢 在昌:新宿鮫(全10冊以上)

新宿鮫 (光文社文庫)
新宿鮫 (光文社文庫)

posted with amazlet at 12.11.25
大沢 在昌
光文社
売り上げランキング: 5218

大沢さんのハードボイルド小説。警察が主人公。こういう設定が好きなら良いのではないでしょうか。

新宿鮫の名の通り、新宿が舞台になっている(けど、新宿関係ないことも多い気がする)

伊坂 幸太郎:オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 3586

オーデュボンの祈り は、これで終了だけど、伊坂氏の小説は、全て繋がっているので、そういう意味では、シリーズの1つとしてピックアップ

この一冊でデビュー。個人的には「重力ピエロ」の方が好きではありますが。

奥田英朗:精神科医伊良部シリーズ(全3冊~)

イン・ザ・プール (文春文庫)
奥田 英朗
文藝春秋
売り上げランキング: 2841

精神科医をテーマにした小説。なんだか、楽しく読んだ記憶はあるけど、あんまり覚えてない

浅田 次郎 :蒼穹の昴(全4冊~)

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
浅田 次郎
講談社
売り上げランキング: 11943

ポッポ屋、浅田さんの代表作の1つ。清の時代をテーマにした歴史小説。「珍妃の井戸」とかも続編にあたる。

「成長小説」の王道とでもいうのでしょうか。少年が運命の寵児として活きていく様は圧巻

垣根 涼介:ヒートアイランド(全4冊~)

ヒートアイランド (文春文庫)
垣根 涼介
文藝春秋
売り上げランキング: 33355

ヤクザとか「ギャング」とか、そういうドンパチ系の話。タランティーノ好きな人には良いかと思うのですが、いかがでしょうか

筒井 康隆:家族八景(全三部)

家族八景 (新潮文庫)
家族八景 (新潮文庫)

posted with amazlet at 12.11.25
筒井 康隆
新潮社
売り上げランキング: 4766

筒井康隆先生のSF小説。人の心が読める女性が主人公。

3部作なのだが、三冊目の「エディプスの恋人」はKindle化されていないという片手オチ(理由は想像できるけど)。

林 真理子:バブル三部作

不機嫌な果実 (文春文庫)
林 真理子
文藝春秋
売り上げランキング: 204032

バブルの時代の恋愛を描き取ったお話。この「不機嫌な果実」はドラマ化もされていたかと

三部作の割には「ロストワールド」「アッコちゃんの時代」はKindle化されておらず、待ちですね

藤原 伊織:テロリストのパラソル (全二冊)

テロリストのパラソル (講談社文庫)
藤原 伊織
講談社
売り上げランキング: 52480

全二冊ですが、どうしても入れておきたかった氏の本。

「テロリストのパラソル 」と、その時系列的続編にあたる「シリウスの道」。大好きな作家でしたが、2007年食道癌で他界。よって、これ以上、この続編はでません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。