コールというカルチャー


ゴッドタンで下田美咲氏を見かけて、気になったので、調べてみたのだけれど、この方の知名度は高いのだろうか?

一言でいうならば「コールにめちゃくちゃ詳しい人」という認識である。「Wikipedia」からいくつかエピソードを拝借すると

2013年5月、日本合コン協会より「飲み会コール賞」を受賞。コール日本一の人物に選ばれる。

日本合コン協会って何?飲み会コール賞って何?

「日本に存在する全てのコールを把握したい」としていて、弟をホストにする、ギャル男の友人を作る、飲みサーの幹部を紹介してもらうなどして、日々コールを収集している。

まさかの肉親を活用した活動

本気のコールをするために、喉の専門病院に点滴を打ちに行くことがある。

ニンニク注射ならぬ、喉注射

渋谷パルコ前で拡声器を使ってコールをしていたところ110番通報され、事情聴取を受ける。何を叫んでいたのかと訊かれ「ライ縦ライ横ライ下田美咲」と答えたところ、警察官から「それは何なんだ。ライ縦ってどういう意味だ」と問われ「好きな言葉です。意味は、ないです」と答え、警察官を混乱させた。

DJポリスマンと戦うと良いのではないか。

という感じ。

で、さっそく動画を紹介すると以下

こんな感じでひたすらコールを紹介している。

上記なんて、もはやコールというよりも躍りである。

当方、飲めないくせに、コールというカルチャーには気になっていて(一気のみや飲みを推奨しているのでは全くなく、むしろ僕は飲めないので一気に飲むことは否定的ですが、いわばパフォーマンスの一環として気になる)。

全日本コール選手権 with みうらじゅん [DVD]
ユニバーサルJ (2005-12-07)
売り上げランキング: 48,028

上記、みうらじゅんの全日本コール選手権も、当然、たしなんでいる。

このようなコールは、お酒の場で利用されるものになっているが、実は他のシーンでも使われることもある。

たとえば、スポーツの応援。

たとえば

上記のように円陣のところでかけるかけ声や

上記のように試合中のかけごえもある。代表的なものだったら「ニッポンチャチャチャ」とかね。

こういう風にコールはもっと他のシーンでも使われても良いのではないか。

たとえば

  • 駅のメロディ(恵比寿のエビスソングのように)
  • 選挙活動(うるさいだけかも。ただ叫ぶよりはまし?)
  • 名刺交換で自己紹介の時に自分のコールを(嘘)
  • という阿呆なことをつらつらと思いついてしまいました。

    以上です

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。