幸せの歌


週末の繁華街。深夜0時ごろ。

信号待ちをしていると、隣の2人の話し声が耳に入る。

1人は30代後半の男性、スーツで身長は175センチから180センチ。女性もスーツで身長は160センチくらいの肩にかかるくらいまでの髪型。

何か色っぽい話をしているが、空気感をみるに女性が男性に恋心を持っており、男性は、いかんせんクール。

男性が

幸せになれるといいねえ

といったことを言う。

すると、女性は

幸せになれるよわたしとなら~♪

内田有紀(広瀬香美)の歌を歌う

声がいかんせん高いが、笑顔が光っておる。

おお、懐かしいな、と思いながら、この頃の時代に記憶が飛ぶ。1996年発売だから、高校生の頃だ。青春だなぁ。

この歌を歌うということは女性も30歳前後か、と推測する。

そして、男性がその後に喋った言葉に思わず、顔を見てしまう。

でも、不倫してても、僕はむにゃむにゃ

信号が変わり、街が動き出してしまったので、不倫が何だったのか重要なポイントを聞き逃した。

しかし、幸せな歌を歌う女の子の笑顔にいきなり不倫の話をぶつけるか。ないし、不倫しているから幸せの歌なのか。

なんてことを考えながら信号を渡りました。みなに幸せが訪れんことを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。