UberEATSが良かったです


Uberが、9月28日にUberEATS(ウーバーイーツ)をスタートさせました。いわば宅配サービス。Uberでタクシーを呼ぶように、食べ物をオーダーできます。

日本では「渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布エリア」から開始。早速、使ってみました。結論としては、とても便利でした。

以下、詳細です。

■ 概要

  • 現状、100店舗ほどが参加。普段、宅配をしていない会社も参加
  • 30分〜1時間で届けてくれる。宅配料は上乗せされていないようです。ゆえに一品1000円前後から注文可能
  • uberやAmazon primeと同様に「状況」や「いま、どこにいます(宅配中の場所)」というのを可視化できる
  • 「何時頃届く」とかなり正確に教えてくれる(僕の場合は2分の誤差)
  • クレカを事前に登録しておくので、それで支払い(UberIDで登録済みの人はそのままでOK)
  • 誰が届けてくれているかもわかる(Uberと同じ)
  • 自転車かバイクで届けてくれる
  • 恵比寿や西麻布の有名イタリアンの「ダルマット」も参画。他に、有名なところでは、代官山でパンケーキで有名な「クローバーズ」といった宅配での変わり種や恵比寿のインドネシア料理「アンカサ」、大戸屋、渋谷のおいしいハーンバーガー「クアアイナ」なども。
  • 「ワンコインキャンペーン」もあり500円でお試しオーダーが可(サルバトーレのピザも!)。プロモにお金かけてますね〜。

■ 他社と違う点

  • 最低金額がなさそう(他のデリバリなら2000円〜とかある)※店によってあるかも。未確認
  • デリバリ料を取られない(他だと300円とか500円とか。Amazon primeもそれなりにとられた記憶が)。ただ、今後、取られる可能性あり
  • 早い(他だと1時間前後からが多いが、今回は30分前後で届けてくれた)
  • お兄さんのスマイルがイケメンだった
  • アプリのUIが気持ち良いので、さくっとオーダー可

結論

ということで、現時点で、これは非常に良さげです。1000円でデリバリが食べれるなら、コンビニのお弁当+サラダと値段変わらないじゃないですか。ただ今後、チャージされる配達料によりますが、そこがリーズナブルだと競合優位性はありそう。

コンビニの金額と大きく変わらないならば
・メニューも豊富で
・コンビニまでの移動時間がない
と、ランチの選択肢としてデリバリが積極的に入ってきそう。

以下、流れです

店を選ぶ

a3

↑住所を入れると選べる店が出ます。営業時間外のものは「Closed」に

店を選ぶ2

img_1929

↑お好み焼きが美味しそうなのでこちらの店に

料理を選ぶ

4

↑カートに入れます。名物ということで豚玉を。

注文

a5

↑値段がでてきて「オーダー」を押す。クレカを登録しているので、さくっとオーダー。

待つ

a1

↑すると、もう準備開始。「オーダー受け取ったよ」とステータスを教えてくれます

※英語なのは、僕が端末が英語設定だからかも

調理中

a2

↑調理中〜

配達中

a7

↑お届け中。地図でどこにいるか、誰が運んでくれているかも見えます

届いた

8

↑届きました。22時頃かな。

なお、ランチで青山でオーダーしようとしたら「パンケーキ」の店しかやってなくて「ランチにパンケーキつらい」という事件は起こりました。

所感としては、デリバリーしてくれる人に入るお金が多分、だいぶ限定的になりそう。そこは気になりました

»UberEats drivers plan protest against cuts in pay rate per delivery | Business | The Guardian

上記の記事によると、いまは時給10ユーロ以下の稼ぎにしかならないそう。んー

なお、招待コードは「eats-9ma00」です。利用いただくと1500円オフで、僕も1500円オフになり、とても幸せを感じれます

以下のあきやんさんの記事が詳しいです。配達員の詳細です。面白い

»UberEATSの配達員をやってみたら、長文になった : akiyan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。