最強の現代青春小説 12冊


さて、12シリーズ第5弾。
青春小説縛りの12冊。
その名も、「これが最強の現代青春小説」。
 ・2005年、原田の脳髄を刺激した小説12冊
 ・原田の股間を刺激した漫画12冊
 ・涙腺を亀甲縛りにする青春映画12本
 ・90年代後半の青春を彩った音楽12曲


■12位 ニュートンの林檎:辻仁成

ニュートンの林檎〈上〉
辻仁成の著作の中では、あまり売れた本ではないが、かなりの名作。
女性の学生がメインにすえられている。
映画部。
読んだのが10年くらい前なので、記憶もおぼろげだが
白夜行の女性版のような感じだった記憶が。
面白かった覚えがある。

■11位 コインロッカー・ベイビーズ:村上龍

コインロッカー・ベイビーズ (上)
村上龍の著作の中では、「69」の方が青春小説としては有名だが、
コチラのほうが小説としての完成度は高いように思われる。
若さゆえの鋭さが。
2人の少年が主人公。
後の「愛と幻想のファシズム」と繋がるところもある。

■10位 J.D.サリンジャー:ライ麦畑でつかまえて

ライ麦畑でつかまえて
永遠の青春小説ですな。
この方は、他界したんだっけ?まだ生きていた記憶があるが。
最近は、春樹も翻訳した。
原文で読むとスラング沢山。

■9位  波の上の魔術師:石田衣良

波のうえの魔術師
株式小説として有名。
エンターテイメント小説としての見本のような痛快さ加減。

■8位 僕のなかの壊れていない部分:白石一文

 
僕のなかの壊れていない部分
賛否両論。
個人的には好き。
駄目男に見えるけど、結構、深遠な人生のテーマに悩む男の生き様。

■7位 夜の果てまで:盛田 隆二

 
夜の果てまで
恋愛小説としての方が有名。
北海道と東京が舞台。
年上の女性の人との恋愛話。
胸が痛い。

■6位 山田詠美:ぼくは勉強ができない

ぼくは勉強ができない
これも、永遠の青春小説の1つ。
中高生のころは、あるクラスターにおいては、これがある種のバイブルだった。

■5位 パレード:吉田修一

パレード
同居する若者たちに起こる日常の物語。
しかし、日常を書かせたら吉田さんはべらぼうにうまい。
最後が衝撃。

■4位 パイロットフィッシュ:大崎善雄

パイロットフィッシュ
アジアンタムブルーは賛否両論だが
これは、基本的に評価が高い。
悲しい話と捕らえても良い。

■3位 砂漠:伊坂幸太郎

砂漠
伊坂ヤバイ。天才。
その中でも、青春ものとしての最高傑作。
登場人物が秀逸。
砂漠に雪を降らすんだ。

■2位 ムーンパレス:ポールオースター

ムーン・パレス
NYが舞台。
ポールオースターの筆力に加えて、
青春の王道を行く若者の悩みや痛みを描き出す。
どれだけ読み返したことか。

■1位 ノルウェイの森:村上春樹

ノルウェイの森 上
説明不要。
とりあえず読め、と。
現代における共通のマテリアルとしての最高峰。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。