携帯とかSNSのとかで恋愛のやり方が色々変わってくるのではないか説


いやー、SNSとかケータイのせいで、我々の恋愛ってものは色々変わってくるのではないかと思うわけですよ。はい。

それに関して。

ちょい前のネタでこのようなものがあったのです。知らない間に「元彼女に扮した元元彼女が自分のリンクと繋がっていた」という謎な話なのだけど。

ミクシィの相談事例。知らない間に元彼女が自分のマイミクに登録されてるんですが・・・*ホームページを作る人のネタ帳

これはまぁネタだろうが本当の話だろうがどうでもよくて。

それよか、携帯に勝手に転送設定することが可能という話に度肝を抜かれて。そんな設定可能かどうかしらんけど(今調べたけど、よくわからんかった)、そんなの出来たらヤバイっすよね。知らない間に、自分に届いたメールが他のところに転送されるわけでしょ。自動で全部。つまり、今回の事件では、もともと彼女に全部届いていたわけで。しかも、当人は気付かない。

で、携帯で出来なくてもいいんだよ。PCで出来るから。つまりさ、もし恋人のPCをいらう機会がある人なら、簡単にこの細工をすることができる。たとえばGmailなんて、全てのメールを自動的に転送できるし、Greasemonkeyを使えば、見えないうちにBCCに特定のメールアドレスも設定可能。さらには、サンダーバードも転送設定が可能なわけです。他のメーラーやWebメールでも有る程度、設定はできるはず。で、やろうと思えば、それをフリーメールに飛ばすことができるわけですよね。簡単に。そうすると、万が一転送設定がばれても知らないふりをできる、と(いやたぶん、知らんふりは難しいけど。。。)。細かい細工をするならそれらしいドメインをとって公開アドレスを非公開にして、で、 info@gmail-helo.com  みたいな転送メールを設定しておくと。じゃあ、それを見た人は「なんだデフォルトの設定?」とか思う(いや、おもわんな多分。嘘でした)。ただ、PCに疎い人だったら、転送設定とかよくわからないだろうし。しかも、Greasemonkeyならば、普通に使っている分には気付かないわけで。

つまりメールを根こそぎ、ウォッチできるわけです。さらにさらに。さらには、それでパスワードを見ることもできるわけですよ。普通のサイトだとパスワード忘れた場合は「再設定」となるから、どんなパスワードを設定されているかわからないけど、馬鹿なサイトだと、いきなりパスワードが再送されるわけです(なんてリスキーと驚愕するのだけれど)。そうすれば、そのパスワードを他のサイトに使っている可能性も高い。そうすればですね、そもそも転送設定をかけなくても、自分でアカウントにログインできるようになるわけです。

とか書いたけど、この辺のことならブルートフォースアタックとかのハッキングツールとか、トロイ関係のスパイウェア使えば簡単にできそうだけど。まぁいいや。

で、そこで思ったのが、SNSってよく考えたら、非常にデンジャラッスなサイトではないかと。

あのさ、今まで「恋人の元恋人」って、アクセスできなかったわけじゃないですか。
いわゆるHIVの広告じゃないけど「恋人の元恋人の元恋人を知っていますか?」みたいな。

つまり、恋人の元彼/元彼女を知るには、恋人から聞く必要があった。もっともそもそも知り合いの可能性もあるけど、学生とかでない限り、あんまり多いケースではないと思う。

だからさ、いわゆる不倫ドラマであるような「携帯みたらアンタの名前があったのよ、アンタって何者」みたいな脅しは、あくまでも携帯や手帳のデータを盗み出してこそ出来る業だったわけです。

しかしですね、今や昔。SNSさえあれば、恋人の元恋人を見つけるなんて造作もないことなんです。まぁ、繋がっていない人もいるし、そもそもアクティブに使っていない人なら、繋がっていないケースも多々あるけど。

でもさ、普通のケースとして「恋人」と繋がることはあるわけじゃないですか。みなさんはどうか知らないけれど、一般的に、想像していってるのだけど。日記みたいし。で、分かれる、と。でも分かれたときに、リンクを切るかきらないかはケースバイだけど、まぁ切らないケースもあるとする。

そうすると、必然的に次の恋人が出来て、SNSで繋がった時に、そこには「前の恋人」「現在の恋人」がリンクないに必然的に存在することなりますよね、そうですね。

で、ここで、こういうケースはどれくらい起こっているのだろうと身近な友人のケースを色々想像してみた。

意外と恋人は繋がってない人も多いかも。まぁいいや。

で、こうなった場合、どうなるか?

つまり、現在の恋人は昔の恋人に簡単にアクセスできるようになったわけですねー。もっともこの場合、「前の恋人が誰か」という推測が必要だけど、まぁ女性の鋭い勘をもってくれば、わかるのではないでしょうか。しらんけど。

で、そうするとどうなるか。

あー、間違えた。恋人同士だったら面白くないのか。たとえば、不倫相手が「奥さん」にアクセスするのも非常に容易になるわけですよ。しかもその場合なんて、紹介文を見ればほぼわかるわけで。でも夫婦で繋がっているケースなんて少なさそうだな。まぁ、でも今後の展開としてはありうるのだ。

そうすると、もうあれですよね。あれ。

ふーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。