ネットで人生、変わりましたか?


ネットで人生、変わりましたか?
岡田 有花 ITmedia News
ソフトバンククリエイティブ (2007/06/01)
売り上げランキング: 387

業界では知らぬものはいないIT戦士とは「ゆかたん」こと、岡田有花氏のことには間違いない。
そのゆかたんさんの今までの記事は総結集。ITで人生変わった人々がこれでもかと、ゆかたんさんが紡ぐ春の調べに乗って語られています。田口さんも書かれていましたが、インタビュー術を学びたい人にとっても間違いなく有効なのではないでしょうか。
メンツは、はてなの近藤さんや家入さん、ギャル社長、字幕inの中の人、ブサイコ、GREEの田中さんなどてんこ盛りで今にもあふれんばかりの躍動感ではちきれそうです。恐縮ながら、わたくしめもチラっと掲載して頂きました。
そしてもちろん1人Xmas特集も必見であり、これを逃すと人生を損をする。
まえがきには「本書はネット礼賛本ではありません」と書かれているように、ネットは負の部分もありながら、それでもやっぱり大きな力を持つネット。その意味を個人という視点から解き明かしてくれる一冊です。
まさに「ネットとは何なのか」という言葉に集約されているような。そして以下。

ネットのない時代にはもう戻れません。だから「ネットのせいで世の中が悪くなった」と嘆くことはしたくないですし、それにはあまり意味がない。

ここを読んで思い出したのが、宮部みゆきの「龍は眠る」。確か主人公の女の子は超能力者で、運命と戦うわけでございます。そこで戦いまくってへこみそうになります。で、なんか、負けるのが運命という流れになったのかな?そこで、彼女が自分に呟いたのが「運命なんて戯言だ。それじゃ生きてる意味がない」という言葉。解説ははしょりますが、非常に深いセリフです。
それと同じように、ネットは「悪」とか「すごいとか、あるいは「だめだ」とかそんな言説っていうのはやっぱりあまり意味をなさなくて。あくまでも、自分にとってネットとどう向き合うのか、ってのがやはり大切なんでしょうなぁ、とか改めて思った次第で御座いました。
以下もどうぞ。

ネットで人生、変わりましたか?」への2件のフィードバック

  1. いけいけどんどん

    「CakePHP」「学生社長」「介護」「恋愛」「コミュニティ」という5冊の本

    書評関連もろもろです。並び順は発売順。 ■Fast CakePHP Fast CakePHP (LLフレームワークBOOKS # 4)posted wi…

    返信
  2. いけいけどんどん

    「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」「世界一愚かなお金持ち、日本人」「flipbook.in」

    献本ありがとうございます!×2とパラパラマンガに関しましてでございます。 ■自分がいなくてもまわるチームをつくろう! 自分がいなくてもまわるチームをつくろ…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。