未分類」カテゴリーアーカイブ

あれにコールしてたら、いずれ負けていた

「あれに乗ってたらいずれ負けていた」とは、友人の言葉である。この言葉の深みを日々、感じる次第で。

どのような文脈の言葉だったかというと、ポーカーテーブルでの言葉だった。

彼女は日本のトップ20位に入ったくらいのポーカーランカーで、とてもうまい。そして、僕は彼女にポーカーを教わりながら、六本木のポーカーバーでポーカーをしていた。

そこで、僕がおりたゲームで、彼女が「Call(勝負する)」か「フォール(降りる)」かを悩む場面があった。つまり、彼女の手にはそれなりに強い手がある。しかし、他のライバルは強気でレイズ(掛け金をあげる)をしてくる。彼女は、そのライバルより自分の手が強いか、弱いかを判断する必要があった。

そこで彼女は計算をする。自分の手札で、ライバルに勝てる可能性を計算する。おそらく、確率は5割より少し低いくらいだったのだろう。悩んだ末、彼女は降りた。

そして、その後、場にカードが開かれた。結果的に、彼女が勝負していれば勝てた試合だった。しかもかなりの金額を。

しかし、それに対して彼女はこういうのだ。

「あれに乗っていたら、今回は勝てたかもしれないけど、いつか負けていた」と。

つまり今回は40%の勝率がたまたまうまくいって、勝てる試合だった。しかし、そんなかけを100回繰り返せば、必ず負ける結果になる。そういうことだ。

重要なのは「自分のスタンスを崩さないこと」である。

これは、過去に別の人からも教わった。僕が、FXをしていて、去年の大統領選で勝負をしていた時だった。データに基づけば、クリントンが負けるはずがなかった。トランプが勝つハズはなかった。

しかし、結果は歴史がみた通り、トランプが買った。僕は大損をこいた。

ただ、僕は「確率をもとめて勝てると思ったから、Callした(勝負にのった)」のである。そのスタンスを表して先輩は「まぁ、そういうこともあるよ。そのスタンスでいればいつか勝つ」と言ってくれた。

つまり、自分のスタンスが正しければ、今回は負けたとしても、いつかは勝つ。

今回のCoincheckの事件もそうだ。今回、僕は少額をCoincheckに入れていた。それが0になるかもしれない。

しかし、自分の仮想通貨に投資している金額の一部しか入れていなかった。そのため、多少のダメージは受けるが致命傷ではない。

これがポートフォリオということだ。普段、オール・インで特定の仮想通貨に入れていると、10倍や100倍になって億円を稼ぐ人もいる。しかし、その反面、そのかけに失敗すると0になる可能性もある。

賭け事というのはそういうことだ。いっときだけなら勝つことはできる。しかし、勝ち続けるには、きちっとスタンスとポートフォリオを組まなくてはいけない。

今回、僕は昨年末の儲けで、Coincheckでの儲けは限定的だったが、その分、今回のダメージも限定的だった。そういうことだ。

人生は1週間で終わるわけではない。80年続くのである。そう考えると、今回たまたまかっても、次に勝てるかわからないような勝負はしてはならない。

今後、想定される最悪のシナリオが怒っても、生きながらえるような勝負をしないといけない。

今回の事件を見て、彼女の言葉の重みを改めて感じるのである。

瀬良社長

一時期、ぷち話題になっていたアルコ&ピースの平子祐希による「意識高い系IT社長・瀬良社長」と「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA」のコラボ動画ですが。

この「コン」と口を鳴らすところを、すぐるさんが真似していて、この細かい仕草を真似るっていいなぁと思いました(感想文おわり)

いわくメンヘラ曲

友人が「どぎつい、メンヘラ曲だよ」とおしえてくれた井上苑子さんの「君がいればOK!~サマサマキュンキュン大作戦~」

メンヘラ曲というと響きが悪いが、要は「ラブずっきゅん曲」というか。

一時流行った双子動画の踊りがかわいい。

iphone 7 plus からiphone xの移行でハマったこと

・SUICAを移動させる時は、前端末でSUICAを払い戻す必要はなさそう(払い戻しすると、アカウントの再発行は翌日からになる)
・auだとSIMが新しくなるのですが、Webから、アクティベーションしないとSIMをいれただけで使えない
・ぱっと見、SIMはSIMカードに入りにくい。ただ、裏面に乗せるとスポッと入る
・いままでLINEの中身を移動させる時は、PC経由じゃないとできなかったが、今回はicould経由でもOK。でも、やりとりしてる時にメッセージがくると暗号化されてバグる
・Apple payの決済時のダブルクリックとは、サイドボタンのダブルクリック。画面のダブルクリックではない
・日本交通のアプリはばぐって使えなくなった(

Time after time

先立って紹介したドラマ「」THIS IS US 36歳、これから – NHK」を見てたら、シンディローパーのタイムアフタタイムを歌うシーンがあって、思わず泣きそうになった

ええ曲やなー

NHKのドラマ「THIS IS US 36歳、これから」がよさげ

なにかでたまたま以下のドラマの宣伝を見かけて。

»THIS IS US 36歳、これから – NHK

同じ年代の私としては気になり、録画していた。そして今日、みたのだが、なかなか良かった。

36歳の誕生日を迎えた3人のヒューマン・ドラマ。NHKの概要を引用すると以下

恋愛、家族、仕事…。人生の岐路に立つ36歳の男女のせつなく心温まる物語。生きているって大変だけど、すばらしい! 国を超えて誰もが共感でき、勇気づけられる! 涙と笑いと感動のヒューマンドラマ。アメリカで大ヒットした話題作が日本初登場!

誕生日が同じ36歳の男女3人。自分が演じる役に嫌気がさしているイケメン俳優、“脱肥満”を目標に努力する女性、幸せな家庭を築いているエリートビジネスマン。置かれている状況も性格もまったく異なる彼らには、同じ誕生日以外にも共通点があった…。それぞれが人生の壁を乗り越えようとする中で、大切なものを見つけだす。そして、3人の運命の糸がたぐりよせられる。

日本語版でケヴィンの声を演じるのは、海外ドラマ吹き替え初挑戦の高橋一生。


「どんな酸っぱいレモンからでも、レモネードは作れる」
というフレーズが活きる1回目でした。

字幕の方がよかったけれど、(そして、Netflixやプライム、Huluでないか探したけど、ざっと見た限りなかった)、やむなし。

この世代の方はもしよろしければぜひ

ブラックジーンズ

昔、仲の良かった女性が言っていた。

ブラックジーンズがいいよ。それにTシャツ1枚。ライアン・ゴズリングのような。

もう数年前。すなわちララランド前なので、ライアン・ゴズリングは今までの知名度はなかった。「きみに読む物語」が好きな人が知っている程度の。

そして、僕はライアン・ゴズリングを知るために映画を見た。

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」。家族のために銀行強盗をする役。なかなか魅力的な役者だった。

そのため、ブラックジーンズを尊重し、ロンハーマンでそれを買った。

ライアン・ゴズリング。このような正統派の顔をした役者を好きだった、と思い出した。たとえばティム・ロス。タランティーノ映画では欠かせない役者だ。

そうして、僕はライアン・ゴズリングも好きになり、結果的に、ララランドも好きになった。

そして、彼のようなブラックジーンズは買ったけれど、彼のように似合うわけでもなく、ただ、ブラックジーンズをひっそり履く。Tシャツ1枚は1枚では着ない。

MatteoのPanama

MatteoのPanamaという歌がある。ノリが良い歌だ。

その歌を元に最近、「踊ってみた」系の動画がよく作られている。なぜか中国でブレイクしているようで、 panama chinese girl danceというキーで話題になっている

なんか良い