月別アーカイブ: 2018年11月

amazon payを使おうとしたら「3rd party cookie」の問題でひっかかった

BASE FOODをかってみようかと思い、決済画面へ。Amazon payが使えるとみて「こりゃ便利!」と。

しかし「3rd party cookieが無効になってるから使えません」というエラーが。ブラウザ上のエラー画面から、許可して再読込しても解決せず。

手動で、そのドメインを打ち込んでも解決せず。

↑しょうがなく、設定画面から「3rd party をブロックしない」という設定に。

すると、Amazon payの問題はクリア。今後、これにひっかかる人ふえそうな印象。

僕らはスタバで生まれ育った

ノイズキャンセリングのヘッドホンなどが数年前から人気だ。会社でも、普通にそれらをつけている人が増えた。

ノイズキャンセリングとは名前の通り「騒音がない」イヤホンである。ぱっと聞くと「耳栓のこと?」と思い浮かぶが、効用としてはそれが近い。騒音が消えるのだから。

ただ、仕組みは耳栓とは大きく異なる。耳栓は、耳に詰め物をして、外からの音が入ってこないようにする仕組みだ。

ノイズキャンセリングは、音を出して騒音を消す。具体的には、こうだ。まず、音は波だ。すなわち、あがっている波に下がっている波がぶつかれば、波が消える。+とマイナスがぶつかって0になるように。この波の仕組みを利用している。

ノイズキャンセリングは、外から入ってきた音を認識して、それと逆の波を発信し、音をぶつけて騒音を消し去っている。いわば、ノイズキャンセリングは、騒音と逆の音を出しているのに、それが無音を生み出している。

音を出して音を消す。まるで禅問答のようだ。

ただ、「無音」よりも、少しの騒音の方が人はリラックスできる人もいるという。会社の人でも「カフェの騒音を録音したYouTube動画を聞いている」という人もいれば「テレビの砂嵐の音を聞いている」という人までいた。母数が6人の中で。「テレビの砂嵐を見る」というのは、昭和における「エッチなビデオを見ていたら、急に子供が起きてきて、慌てて消したから残っているテレビの砂嵐」の比喩表現だと思っていたのだが、現代では、実際にその音を心地よいと思う人がいるらしい。

あとカフェの音は、個々人の音声が漏れているので個人情報はどうなるのかは気になった。売られているものならば、ダミー音声だろうが、実際に録音されている音もあるようだ。うかつに外で人の話できないな。将来、声紋検索ができるようになったら、自分がどこかで喋っている声がアップロードされていたら、気づけるんじゃないかとか。

音といえば、「うみやまあひだ」という動画を以前、先輩に教えてもらったことがあるのだが、そこでのエピソードが興味ふかかった。

人間が知覚できない音の領域がある。たとえば、スーパーソニックサウンドで、いわく「可聴域を超える周波数成分を持った音」。しかし、この音が人には心地よいという。ただ耳では認識できない音なので、肌で感じるというのだ。人は音を耳で聞くだけにあらず。肌で聞く。ゆえにフェスのウーハーや、まつりの太鼓が気持ち良いのかもしれない。

そのスーパーソニックサウンドはアマゾンの奥地で最もきけるという。そして、それが日本でもっとも聞けるのが、伊勢神宮
だという。パワースポットと言われていることに科学的説明がつけられるようになった。

人間がこの音を心地よいと思うのは、やはり地球は昔は山林で、その中で生まれ育ったからなのかもしらんなー。いま、僕たちがカフェの雑音が気持ち良いと思うのも、僕たちは、スタバで生まれ育ったからかもしらん

少子高齢化の社会で投票はワークし続けるのかとかとか

先程の投稿でも書いた「年金」の仕組みにふと思いをはせたり、こないだ名著、サンクチュアリを5度目くらいに読み返していて、さらにいえば、「ハウス・オブ・カード」もみていて、頭が少し政治脳

いまの民主主義制度の仕組みである投票は、原則、「未来は明るい」前提になりたっている制度なのではないかと思った。つまり、人口は増え続ける前提にたっているのではないかと。

なぜなら、いまの日本のような逆ピラミッドの場合、投票で反映されるのは(ひとしく全員が投票するとした場合)、上の世代の民意である。上の世代は、経済学の前提である「合理的人間」を前提にすれば、「死ぬまでに逃げ切ればいい」というモチベーションになるので、「年金のあと送りは嫌だし、社会保障は増やして欲しいし、若い世代の税金は多くしてほしい」というようになる。つまり若い世代に負担をかける仕組みになりやすい。そして、それは「いまだけがよければいい」という仕組みになる傾向にある。これは、「そうなっている」というのではなく、「自分の利益を最大化する」という制度を取り入れるならば、そうなるだろう、という話である。

逆に、人口が増え続けるなら、若い世代の民意が反映されるから、「未来を考えたもの」になる上に、「若い世代のその利益は、次の世代に渡される」ということなので、利益はバトンパスされていく。上の世代にふっかけた負担はいずれ自分たちがかぶることになる。それはそれでうまくバランスが効く結果となる。

日本のこの少子高齢化の社会では、この「民主主義」が国の制度を壊す仕組みになるんではないかなぁとかつれづれに思って(さらにいえば、世界は、いずれ、どこかで人口が頭打ちになると仮定すれば、世界中で起こる問題になるんじゃないかなぁとか)。別に日本の批判をしたいのではなく、制度のバグとして。

そんなことを考えていたら、「若い世代の票の重みを増やす」という投票の仕組み(いわば、年代別の一票の格差是正)が必要なんじゃないか。大学時代でそんなの習ったかな、と思って、検索したら、まさにそのような論文を発見

»「余命投票方式」の移行可能性に関する一考察

「現行の投票方式」から「余命投票方式」に移行できた場合、政治的意思決定の時間的視野が
長くなることから、政府投資割合は増加し、勤労世代や将来世代の効用が改善する可能性
があることが分かった

おー。やはり〜。

※ねんためですが、上記の所感は、いまの与党どうこうや上記の社会方針をどこかの政党に重ねる意図はない

60年はたらく時代

年金受給年度の繰り上げが検討されている

»厚労省:年金受給開始の繰り下げ試算 月10万円増も – 毎日新聞

私たちが年金をもらう頃には、70歳が当たり前になり、場合によっては80歳になっていることもあるかもしれない。寿命が伸びれば、その分だけ年金が必要になり、バランスをとるためには、受給を遅らせる必要がある。しかしながら、医療が発達し、健康度もあがれば、働ける年齢も長くなり、それにそって後倒しになるのは、合理的といえば合理的なのだろう。

ただ、年齢があがったとて、世の中にそれに応じて必要な仕事が増えるわけではない。IT企業が若者が主軸なように、新しい産業には若い力が求められる。仮にIT企業で考えた場合、今後、ある程度、平均年齢はあがったとて、70歳や80歳が主力であることは少ないだろう。特に、IT企業などの新興企業は旧来の事業よりも栄枯盛衰が激しい。現時点では、その人のスキル以外に、「長くその会社にいる」ということが力を持つ場合もあるが(例:誰に何を頼めばいいかわかる、その会社のルールに従って事業をすすめる)、それも意味を持たなくなる。また少子高齢化を考えると、いままで成り立っていた「若い労働力を安く使う」という仕組みも破綻していく。

ましてや終身雇用は終了し、会社の雇用の方針も代わり、流動性はますます高くなる。

そう考えると、多くの人たちにとって、「その会社でずっと働ける」という選択肢はなくなり、常に、自分の市場価値が求められることになる。経験がそのまま価値に紐付けられていればいいが、同時に加齢とともに革新性などは失われるので、それを埋め合わせる必要もある。

そう考えると、一般的には、これからの日本で働くひとたちは、どこかの年齢を分水嶺にして、「いまよりは給料が下がる」という分岐がくる。ずっと右肩あがりで給料があがるような仕組みは、上記を元に考えると、なかなか成り立ちにくいからだ。

回避するには
・上記の通り、衰えゆく基本能力を埋め合わせる以上の経験を積む
・海外など、市場自体が盛り上がっている市場に戦いの場を移す
・副業など、働く時間を増やす
・お金の現在価値を生かして、いまもっている資金を資産運用にまわして、それを武器にする
くらいだろう。

もっとも、AIが普及し、ベーシックインカム的なものが普及すれば、それはそれで別のランドスケープがあるかもしれないが、それはベストシナリオとしてとっておくべきだ。

もちろんこれらはすでに各種の議論や本で述べられていることに目新しさはない。ただ、実際に、「20歳から80歳まで60年働く」ということを前提に、働いている人は少ないように思う。

もし、それを前提にするならば、経験と効用が比例しやすいスキルを選ぶべき(例:10年で、そのスキルが最高になってしまうような職業だと、50年間は給料があがらないということになる)だが、そうもあまり見えない。AIでなくなってしまう仕事が数多く議論されているが、それの多くは実際に起こることだろう。ネットが登場してここまで普及したように、あるいはモバイルの歴史でもいい。テクノロジーの進化はおうおうにして1次関数で進む。つまり、偶発的な革命ではなく、じっくりちゃんと起こっていく。そう考えると、その産業にいる人たちは、今の痛みを覚悟してでも、60年労働社会を見据えて、キャリアを選んだ方がいい。もっとも家庭の問題や、いまの就職事情がそんな簡単ではないので、安いことではないだろう。とはいえ、それと引き換えに、「20年後、なくなるかもしれない産業に、あと60年働き続ける」というワーストシナリオは覚悟する必要がある。

30年後、その仕事が、「蒸気機関車のかま焚き」のように今は消えてしまった職業になる恐れは、いまの時代、どの産業にもあるのかもしれない。逆に考えれば、2000年前からある、「語り部(占い師)」「銭湯屋」「風俗」なんかは、今後、1000年たってもあるかもしれないが。

そんなことを、このニュースをみておもつた