小銭払うことの無間地獄

小銭が嫌いだ。

なぜかというと、財布が膨らむからである。

そして、私は手は塞がれたくないので、かばんは持たない。ゆえに、財布はジャケットのポケットかおしりに入れることになる。そして夏は暑いのでジャケットを着ない。ゆえに、ポケットに財布を入れる。そして、財布がパンパンだと、ジーンズもパンパンになる。

ゆえにコンビニなどでは積極的に小銭を使う。

しかし、そのときに小銭を使うと、次に支払うときに小銭はなくなる。ゆえに大きな札を出す。お釣りを小銭でもらう。財布には小銭がたまる。

つまりは、「小銭で払ったら、次は、小銭をもらう」というサイクルが永遠に繰り返されるのである。これこそ、まさに小銭の無間地獄。終わりなきインフェルノ。原罪を背負った僕ら。

だから、僕は、小銭できっちりレジでお金を出す度に、今後、繰り返されるであろうこのサイクル(1日に2回コンビ二にいくとすると1日1往復する。1年365回。平均余命であと45年。すると、あと1.6万回も、これを繰り返さないといけないかと思うと気が遠くなる。まさに、「All you need is 小銭解決問題」である。

だから、最近は電子マネーを活用するようになって、だいぶこの問題は解消された。

しかし、電子マネーに対応していない自動販売機だとそうもいかない。しかし、この自動販売機に関して最近、発明をした。

いままでは、120円などの小銭を入れてジュースを買っていた。しかし、この20円を財布から出す時間よりも(3枚出さないといけないので)、200円入れて、お釣りを取る方が時間が短縮できることに気づいた。それからわたくしは時間の効率化のため、自動販売機では1000円か500円、ないし200円を入れるというメソッドで、人生を効率化している。なんて意識高い自動販売機の払い方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。