映画の感じ方

最近、2つの映画をたまたま見た

「グレイテストショーマン」と「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」だ。前者はサーカスを生み出した男の実話を元にしたミュージカル映画。ペンタゴン・ペーパーズも実話を元にしたスピルバーグの映画。

前者の方が周りからの評価は圧倒的に高かった。そして案の定楽しかった。カタルシスもあったし、ハリウッド的な緩急で飽きることが全くなく楽しめた。歌もよかった。

ペンタゴン・ペーパーズは、アカデミー賞候補と言われるだけあって、シックな作りだった。もちろんスピルバーグ監督の作品だから、ちゃんと押さえるところは抑えているが、骨太のストーリーだった。

で、結果的にどちらが感動したかでいえば、ペンタゴン・ペーパーズだった。僕はこの映画で2回か3回は泣いたような気がする。

昔だったら、グレイテストショーマンの方が好きだっただろうなという感覚はある。ただ、僕は他の人と同様に映画に自分の何かを投射してしまう。それが、ペンタゴン・ペーパーズと合ったのだろう。

年をとると映画の感動するポイントも変わる。自分の人生の積み重ねと比例するように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。