いつか使いたい言葉


当方のEvernoteには「いつか使いたい言葉」というノートがあって、そこには、いつか使いたい言葉が記載されている。

ことわざから単なる地名、文章の引用、慣用句などなどがごったに入っている。一部を紹介。

  • 活計:暮らしを営むこと
  • エンダイブのサラダ:サラダの種類
  • ダンスマカーブル:中世ヨーロッパの演劇や絵画などの芸術作品に登場する死神
  • 花きちがいの大工:太宰の残した一文
  • 士魂商才:武士と商人の魂を併せ持つこと
  • 夜伽:夜の共寝をすること
  • 紺屋の白袴:他の人に忙しく自分のことに手が回らないこと
  • 岡惚れ: 親しく接したことのない人や他人の恋人を、わきからひそかに恋い慕うこと
  • コントラリアン:逆張りの人
  • コケットリー:媚態
  • ザナドゥー:桃源郷
  • 君は僕達の東洋が生んだ、草花の匂いのする電気機関車だ:芥川の詩の一部
  • 尾羽打ち枯らす:羽振りがよかった人が落ちぶれていくこと
  • 麻布龍土町:地名
  • 魯粛:呉の偉い人
  • 芍薬:ボタン科の花
  • 逐電:迅速に行動する
  • 衆道:男色

いつか使うぞという思いとともに、メモがてらに共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。