Sifflusのハンモックの中で生きる日々

IMG_0572

前回に引き続きハンモックの良さについて語ろうと思う。

買ったのは、以下。

2Wayというものは「寝る形」にもなるし「座る形」にもなるという一品である。いちいち付け替えがメンドクサイので、ベースは寝る形だが、客人がくる時は椅子型にすると便利そう。

ともあれ。ハンモックが来てから2週間。もはや日常は「ハンモックのある生活」である。つまり「ハンモックないころ」と「ハンモックがある世界」が二分されているのだ。ハンモックの良さを知ってしまえばもうもどれない(※体験には個人差があります。ついでにいえば、相当盛っていっています)

「ハンモックはいつ使うかしら」と思っていたのですが、1日4回ころはこの上で転がっている気がします。主に家で作業をしている時間に、考え事をする時に、ふらふら揺れながら、なんとなくアルファー派がでてきてる気がします。

あとは、息抜きの時に携帯を見ながらここで揺られています。とても心地よいです。やはり人間は、胎児の時に水の中でゆらゆら揺られていたので、きっと、DNAに「ゆらゆら感」が埋め込まれているに違いない。

ただ、思ったよりここでは二度寝はせず、あくまでも息抜き用途にとどまります。

懸念としては「邪魔」なことです。部屋が二分されてしまい、ソファーまでに行くのに遠回りをする必要があります。あと、ルンバ問題があります。いちいちどかすのが大変。

あとはハンモックの記事がいまいちなので、自分でブランケットをあわせると良いかもと思いました。

外にも持ち運べるようなので、浜辺とかにもっていくと、気分はバリですね。いいと思います。いいと思いませんか。いいと思います。

なお、昨年末にIDEEで見かけた以下のハンモックも刺さったのですが、

»愛用者続出! IDEE(イデー)のハンモックがとってもいい感じ♪ | キナリノ

2Wayが決め手となりSifflus( シフラス )のハンモックになりました。

ということで、ハンモック推しの1記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。